貸し出し返還しながら積み重ねが出来るようになる暮らし簿の書き方

どうすれば債務出金しながら備蓄をすることができるでしょうか。一見不可能に窺えるかもしれません。だがやりくり簿の書き方にて、それが可能になるのです。どんな書き方をすればいいのでしょうか。市販のやりくり簿を使うのもいいのですが、普通の大学ノートで十分です。市販のやりくり簿派債務出金仕様ではないので使いにくいことがあります。先ずノートに線を引きます。年俸って支払って出金、備蓄の収支4つの欄を設けます。これをノートの半ばに書き込みます。この部分にはデイリー書き込みます。さらにノートのもう半ばの方にはひと月の戦略を書き込みます。食費、伝言費、光熱費など月収決まって出て行く支払を書き込みます。食費や人付き合い費は特別を設けてそれ以上使わないようにします。そうして債務出金に欠かせないのは月収最初に出金当たりを振り分けることです。お金が余ってから出金しようとか備蓄しようと思うなら、なんだかおわりません。取り敢えず債務を返済するという意志っていつも持つのが大切です。

▲ページトップに戻る