総量調整は

キャッシングカード貸し出し仕事に適用される総量規定は、簡単に言うとお金を借りたいという人のために貸しすぎないように、また高金利で貸出出金で悩むことがないように、過大貸付を防止する目的のために規制する法規になります。具体的にどういうことを規制しているのかというと、では分割払い金額です。キャッシング仕事の分割払い要因をみると最大で500万円まで貸付可能と強調されていることがあります。これは、だれでも500万円まで負債ができるわけではありません。もしも年俸が少ないヤツが自分の年俸をはるかに上回る金額を貸付されたら、貸出出金が辛くなり出金できなくなるおそれもあります。そのため貸出ができる最大の金額は、年俸の3分の1までと規制されています。そうして、お金の借りるときの利子も使用限度額を通じて最長が決まっています。100万円以上は15百分率内、10万円上記100万円未満は18百分率、10万円未満は20百分率となっています。

▲ページトップに戻る