破綻といった生涯保護手続き

基本的に自己破産などの負債要約と家計格納は反対ですので、自己破産後に家計格納の要望はできます。むしろ、賃借などをかかえた状態ですといった、家計格納を受けることができません。家計格納とは元来最低限の家計を保障するための金銭ですので、その金銭を賃借の支出に当てることは認められていないからです。ですので賃借の支出が苦しくて家計格納を受けたいと申請する場合には、賃借を全額返済する、或いはそれができないのであれば自己破産などを行ってから要望ということになりますし、共に行うこともあります。自己破産などは法令の知見が必要ですので、家計格納を受けたい場合に行なう時も上級に相談する方がよいでしょう。最近では法テラスなどもありますので、当人にとって一番よい方法で行います。負債要約の中でも自己破産以外のフリー要約や人実現などは、儲けが出せる可能性がありますので、先々家計の格納を頂ける危険は低くなります。

▲ページトップに戻る