借入セッティングをすべきかどうかの原則について

負債コーデとは、借入金が嵩んで生活に貧窮やるクライアントを手伝いするための作戦です。ではそのパターンはどんなやり方なのでしょうか。基本的に、リターンといった借入金の儲けは人によって様々です。その為、この儲け以上の借入金であれば破綻したほうが良いというような、儲けでの判断はできません。負債コーデにはいくつかバリエーションがあるので、別個を個別に見ていきましょう。

最高わかりやすいのは破綻でしょう。借入金の弁済がどうしても不可能な状況まで追い込まれている場合に適用されます。また免責が不許諾になるような裏付けも存在しない場合も破綻が適用されます。フリーコーデや個々復元は、免責が不許諾になるような理由がある場合に適用されるものです。基準としては、フリーコーデの方がカットなる儲けは短い為、逆に言えば少しの中和で生計を圧迫せずに借入金も返済できるならば、フリーコーデを選ぶと良いでしょう。

当然ですが、生計を圧迫するほどの借入金ではない場合は、フリーコーデすらも適用されないこともあります。

▲ページトップに戻る