借金返済計画:債務整理・過払い金請求方法

借金返済計画

借金の悩みに関しては、家族にも言えず、友人にも言えず、1人で悩んでいる人が多いと思います。
ただ、借金の関しては日々利息がかさみ、悩んでもいてもいいことはありません。
借金返済計画 そこで、借金返済計画法を紹介しましょう。


賢い返済計画

借金苦=自己破産 と思っている人が意外といるようです。
クレジット会社や消費者金融に返済が滞るわけですから、催促の電話や督促状に悩まされることは検討がつきます。

そこで、賢い人が行っている借金返済計画になるのですが、それは債務整理です。

現状の借金をどうクリアにするのか?を検討し、それに見合った返済計画を実行していくものです。



債務整理の基本

債務整理は、大きく分けて4つの分けることができます。
任意整理:弁護士や司法書士にお願いし、借金の減額、分割での支払いなどを要求を求めるものです。
自己破産:裁判所を介し破産宣告を得て免責(借金を帳消し)を決定させることです。
個人再生:借金を減額し返済負担を圧縮すると同時に、返済計画のもとに、その借金を返済していく方法です。
特定調停:裁判所で調停委員を間に置き、債権者との交渉です。

今、頻繁に行われているのが1つ目の任意整理です。
過払い金請求といわれる、払いすぎたお金を返還してもらう処理、また、借入額の減額交渉、また、毎月の返済額の変更を、弁護士や司法書士にお願いするというものです。
これにより、長い間、返済し続けてきたひとは、過払い金の請求をすることで、借金がチャラになることも多々あり、借金がチャラになるだけでなく、お金が残るケースも多々あります。



弁護士費用・司法書士へ支払う料金

では、任意整理で支払う、弁護士費用はいくらになるのでしょうか?
最近の主流は、無料相談、着手金なし、成功報酬のみの形が基本です。
先ほど説明した過払い請求で返金されたお金の一部を報酬として、弁護士・司法書士へ支払うというものです。
これであれば、初期費用がかからないので、お金が無くても、気軽に相談できますね。
借金返済計画の第一歩となるわけです。
契約的な借入れと返済のバランスは守るようにしましょう


借金返済計画として、評判のいい弁護士・司法書士事務所をピックアップしました。

樋口総合法律事務所

樋口総合法律事務所 債権者・サラ金・消費者金融からの取立や督促を早く止めたい。
・家族・会社に借金があることを隠したい。
・時間が不規則な仕事なのでメール相談をしたい。
樋口総合法律事務所は、平日の昼間は仕事などで相談できないという人のために、日本全国:365日いつでも24時間無料相談に対応しております。
まずは、無料メール相談を。
樋口総合法律事務所




一人では返済できない借金があることを家族に打ち明ける際の心得
借金をした原因は自分一人にある場合もあれば、家族のための借金である場合もあるでしょう。
いずれにしても、ローンやクレジットカードの債務が原因で家族に迷惑をかけるような状況なら、返済できない事実を打ち明けることも必要でしょう。
もちろん、自分で処理できて家族に迷惑をかけないなら、そのまま黙っておくのはありです。
個人的な目的で借りたローンについて、家族に話す必要はありません。
しかし、家族の生活費や子供の教育費などのために借りたのであれば、家族全員で話し合って解決策を決めるのが好ましいです。

借金を返済するためには、第一に節約が必要となります。
収入を増やせるのが理想ですが、簡単に増やせるものではありません。
それよりも節約のほうが現実的なので、家族と相談して全員で節約意識を共有することが大切なのです。
自分は必死に節約をしても、家族が浪費していれば借金問題は解決しません。
生活費のためにお金を借りて返済できず債務整理をする場合にも、勇気を出して家族に話しておくべきです。






借金返済

最新投稿